全国 京都府 > 五条 1モルタルの建物 2三友楼 3五条会館 4五条楽園のお茶屋 5五条楽園跡 6五条楽園 7五条楽園 8五条楽園 9五条楽園 10五條楽園 11任天堂旧本社 12旅館の建物 13アーチの支柱跡 14赤線跡 15高瀬川 16旅館「平岩」

五条(高瀬川)木々の緑が美しい流れです。

今回は五条(京都市下京区)の町並みと風俗を散歩します。
五条大橋の西側に高瀬川が流れています。すぐ近くに「五条楽園」の看板があり、そこが楽園の入口であることがわかります。

木々の緑が美しい流れです。

高瀬川は、豊臣秀吉の天下統一後、資材の運搬のためにつくられた水路(運河)です。案内板には、五条ー七条間に架かる橋は、人が橋の下を通れるように高くしてあって、中でも、六軒橋、上の口橋は階段式(10段ほどの石段)であったと説明されています。

その上の口橋ですが、現在は「五条楽園」の大きなアーチがあって、五条楽園の象徴的な場所の一つになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です