-全国 東京都 > 台東区 浅草橋
すべてのジャンル > 遊興 > 花街・カフェー 花街 1旧北条花街 2料亭らしき建物 3花街跡 4稲荷町の花街跡 5新井薬師の花街 6三業会館跡地 7料亭「亀太川」 8料亭「河文」 9花街跡地 10花街跡地 11城東三業組合事務所跡 12料亭「富久家」 13料亭「寿々代」「七福」 14香取神社 15海喜館 16花街跡 17花街跡地 18見番周辺 19見番跡 20よし梅本店 21浜田家 22㐂寿司 23小川路地 24料理屋「寿茂登」裏の小路 25旧二業組合跡地 26花街だった通り 27鳥瞰図の掲示 28八王子三業組合 29八王子花街 30置屋「ゆき乃恵」 31芸者新道 32蓮池の碑 33蓮池通り 34花街跡 35三業組合跡 36日本橋花街跡地 37交差点の木造家屋 38向嶋墨堤組合 39待合の建物 40老舗料亭 41三業地跡 42三業地跡 43花街跡 44大塚三業通り 45料亭「和可月」「まきしま」 46料亭「浅元」 47かつての料亭街 48料亭「梅元」 49待合「満佐喜」跡地 50大森新地跡 51大森新地跡地 52掃部山花街跡 53料亭「丸子園」跡地 54新丸子三業跡 55花街跡 56料理屋「増田や」跡 57南地花街跡 58烏森花街跡 59花街跡 60旭町花街跡地 61花街跡 62大森寺の鉱泉碑 63花街跡 64諏訪神社 65花街跡 66三業通り 67料亭「寿々代」 68料亭都鳥 69料理店「一直」 70浅草三業会館 71芸妓屋街 72料亭 73料亭いな垣 74柳橋の花街跡 75花柳街跡地 76芝神明花街跡 77芝神明花街跡 78円山町 79料亭「宮よし」跡 80検番渋谷三業会館 81芸妓置屋跡 82天神下の花街跡 83扇屋 84王子花街 85花街跡 86花街跡 87花街跡地 88船越町のバー 89花街跡地 90八幡神社の石碑 91花街跡地 92兵庫横丁 93寺内公園 94見番横丁 95花街跡 96開化楼跡 97料亭「新喜楽」 98かつての料亭の遺構 99花街跡地 100穴守二業地の名残 101協働会館 102旧料亭「雪むら」 103津の守弁財天 104石畳の通り 105旅館「松島」 106花街跡 107「二業」の電柱標識 108二業地見番跡 109二業地跡地 110花街跡 111十二社花街跡 112割烹 113料亭跡 114カフェー跡 115「三島屋」の建物 116古い建物 117飲食街 118料亭「富貴楼」跡地 119旧料亭の「魚久」 120旧神明花街 121神明花街跡 122駒込神明花街跡 123料理屋「海の家」跡地 124花街跡地

浅草橋(料亭いな垣)1999年に閉店しました。

柳橋から、北へ進み、総武線のガードをくぐると、蔵前高校へつづく一本道の途中に、料亭「いな垣」があります。
「いな垣」は、柳橋のみならず東京を代表する格式の料亭でした。*1

柳橋から、北へ進み、総武線のガードをくぐると、蔵前高校へつづく一本道の途中に、料亭「いな垣」があります。
「いな垣」は、柳橋のみならず東京を代表する格式の料亭でした。*1

昭和20年代から40年代、「いな垣」をはじめとする柳橋の奥座敷で、毎夜、要人たちが日本の将来を話し、戦後の高度経済成長の道筋が決定されました。国賓のお忍びの接待は決まって「いな垣」で、この店の前まで皇族、総理大臣、大使館などの黒塗りの車が並びました。*2

「いな垣」の門前では、人力車から降りる芸者さんの姿を見ることができました。*2

昭和40年頃から柳橋の料亭が次々に廃業しますが、その中で「いな垣」は「お出先」(芸者が入る料亭のこと)を続けました。長いこと横綱審議委員会の会場を努め、平成に入ってからも「いな垣」はテレビの画面に何度も登場しました。*2
しかし、1999年、残念ながら「いな垣」は閉店し、江戸時代から200年間続いた柳橋は事実上廃業しました。柳橋が廃業した理由は、①東京から個人事業者が少なくなったこと、②柳橋が政界との距離を置くようになったこと、などがあげられますが、最大の理由は、③隅田川の汚染、でした。*2

江戸時代、「柳橋新誌」の著者の成島柳北が説いた芸者のあるべき姿とは、「気前好く振るい舞い、自尊の気概を見せ、その場その場に相応しい身の置きかたをしながら、当意即応の応対が出来る」という侠女と才女の理想を合わせたようなもので、惚れた男に尽くし、加えて美貌であることでした。*1
昭和の後期の元「いな垣」の女将で柳橋芸妓組合の組合長を務めた西川春喜久(はるぎく)さんの証言によると、お客様同士(接待する側とされる側)の心が通じあうのを助けるのが芸者の役割で、話の相槌が打てて、必要なときに必要な受け答えができるのが名妓の資格だそうです。*1
時代とともに名妓の資格は、若干の変化があったようですが、成島柳北が示したが精神は、柳橋の場合は平成の時代まで受け継がれていたようです。
【参考文献】
*1 岩下尚史:名妓の資格(雄山閣,2007)P.244-P.245,P.258-P.268
*2 牧太郎:東京人(2000.6)「柳橋」江戸からの芸者町の灯が消えた (特集 芸者さんに会いたい 新橋、赤坂、芳町、神楽坂、浅草、東都五花街探訪) P.70-P.74

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です