全国 東京都 > 台東区 吉原 1あしたのジョー像 2せんわ通り 3カツ専門店「日の出」 4浅草ホテル跡 5万治高尾の墓 6吉原今昔図 7花吉原名残碑 8太田ハム 9小便禁止看板 10愛護地蔵尊 11金美館通り 12「土手」の屋号 13おはぐろとぶ跡 14おはぐろどぶ跡 15おはぐろどぶ跡 16ソープ街の中のアパート 17トルコ風呂跡地 18一葉桜まつり 19一葉泉 20桜鍋料理の専門店「中江」 21京町二丁目と角町の間の通り 22マスミ 23伏見通り 24吉原の飲食店 25大文字楼跡地 26吉原弁財天の弁天池 27吉原弁財天 28吉原弁財天 29吉原弁財天 30吉原神社 31土手の伊勢屋 32土手通り 33坂井旅館 34大門 35廿世紀浴場 36旅館「白菊」跡 37旅館 38浄閑寺の永井荷風の詩碑 39簡易宿泊所 40観音様 41貼紙が多数貼られた路地 42赤線跡 43赤線跡 44大鷲神社の酉の市 45鶴の湯 46鷲神社の裏手の通り 47旧「金よし」
すべてのジャンル > 生活 > 信仰 寄進

吉原(吉原神社)松葉屋の庭にあった久保田万太郎の句碑。

仲之町を裏門に向かって進むと、吉原神社*1 に行き着きます。

普段は人影まばらな吉原神社ですが、浅草名所七福神の一つであるため、初詣の人たちで賑わっています。

料亭松葉屋の取り壊しに伴い、松葉屋の庭にあった久保田万太郎の句碑が、吉原神社に移されました。*2
久保田万太郎は、浅草田原町の生まれの文人で、浅草の雷門の近くにも句碑があります。おそらく料亭の松葉屋に頻繁に遊びにきていたのでしょう。

「この里におぼろふたたび濃きならむ」と刻まれています。普段は見えず、水をかけると白く細い文字が黒い石肌に浮かびあがる「白粉彫り」という技法で彫られています。*1
この日は、すでに水がかけられていたのでしょうか。最初から白い文字がくっきりと現れていました。右下に小さく、「万」の一字があります。

【参考記事】
*1 風俗散歩:入谷~吉原(2005.9)吉原神社
【参考文献】
*2 石井妙子,渡辺憲司:東京人(都市出版,2007.3)P.46 「遊女の残り香を探して」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です