高知(料亭「得月楼」)陽暉楼

高知市南はりまや町にある料亭「得月楼」は、宮尾登美子著の「陽暉楼」の舞台なった料亭です。*1

創業者の松岡寅八は、幼年時代から商売を仕込まれ、明治5年に独力で陽暉楼をはじめ、更に得月楼を創業(明治11年・1878・谷干城命名)。後に本店を稲荷町に移し、中店を浦戸に置いて、数カ所に出店して発展させました。現在の得月は中店です。*2*3

見事な庭園。

昼のランチはリーズナブルな価格で、個室でゆっくりできます。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 高知

この記事を参照している用語

高知

参考文献

*1 ご案内: ご案内 (ご案内,) リンク
得月楼は自由民権運動発祥の地として知らせる 高知の中心部、はりまや橋のたもとにあります。
*2 山本泰三: 土佐の墓 その2 (土佐史談会,1987)
P.235 松岡寅八 寅八は、水道町(旧横町、魚の棚)住、幼年時代から商売を仕込まれ、明治2年…
*3 自由懇親会も開かれた紅燈の巷、玉水新地: *土佐の自由民権 : 史跡ガイド (自由懇親会も開かれた紅燈の巷、玉水新地,2013)
P.19 明治2(1869年)、新地が新設されてから料亭が立ち並び、「上の新地」「玉水新地」と呼ばれるように…

コメントを残す

コメントよろしくお願いします。