帯広(木賊原遊廓跡地)

西7条本通り北四丁目付近は、廓への通りでした。*1

紀の川楼があったあたり。*2 のちに国鉄寮となりました。*1
昭和30年頃と思われる住宅地図*3 には、「鉄輪荘」の記載があります。

日の出楼があったあたり(写真右側)。*2

新盛楼、笹島本店、いろは楼、開盛楼と並んでいた(写真左側)通り。*2

カテゴリ

遊廓·遊里 帯広

この記事を参照している用語集

木賊原遊廓 帯広

参考文献

*1月刊十勝ジャーナル 報道解説評論1973.7: 月刊十勝ジャーナル 報道解説評論1973.7 (十勝ジャーナル社,1973.7)郷土史秘話(第一回)木賊原遊廓盛衰記

P.46 帯広の開拓当初は、天候にも著しい変化のある土地の労働は、開拓者にとって長続きはせず、ある意味、それら […]

*2郷土十勝 通巻第13号 廓ばなしあれこれ: 郷土十勝 通巻第13号 廓ばなしあれこれ (帯広市教育委員会,1978)木賊原遊廓について

P.2 木賊原遊廓は、いまの西5条から西7条にかけての北4丁目にあった。 当時の位置関係は次のようになっていた […]

*3帯広市大観: 帯広市大観 (帯広広告社,)

P.20 西五条に、「保健所寮」、西六条に「鉄輪荘」の記載。

コメントを残す

コメントよろしくお願いします。