池上(特飲街跡地)現在は住宅街

昭和25年(1950)に池上本門寺前(現池上四丁目)に11軒の歓楽街が出現したことに対し、地元PTAを中心とした反対運動が起こり、全都的な問題に発展。参議院厚生委員会がこれを正式にとりあげるなどした結果、2ヶ月に及んだ反対運動が結実し、業者側は自主的な建設中止に追い込まれました。*1
特飲街があったあたり*2は、現在は住宅街となっています。

その後、特飲街の建物は東京都教職員互助会の所有となり、教員寮となりました。
現在その場所は駐車場になっています。*3

特飲街の東側のエリア。

かつての特飲街の東南の一画。現在は飲食街になっています。

ジャンル・市区町村

赤線·私娼跡 池上

参考文献

*1 大田区史編さん委員会: 大田区史 (東京都大田区,1951)
P.700-P.701 池上特飲街建設をめぐって 事件は、昭和25年(1950)に池上本門寺前(現池上四丁目)に1…
*2 時事通信社: 時事通信 (1510) 時事解説版 (時事通信社,1950.11)世論にゆらぐ歓楽街――池上の場合
P.2241-P.2242 「池上特飲街付近」に、特飲街の場所の記載。 住宅地域に割り込んできた新しい”湯の街”特…
*3 日本住宅地図出版: 大田区 北部 (日本住宅地図出版,1973)
P.4 「教員住宅」の記載

この記事を参照している記事

ディスカッションに参加

2件のコメント

  1. 池上に生まれ育ち、29歳まで住んでいました。
    騒動のことはよく知りませでしたが、中学3年の時の担任が住んでいました。
    同級生の女の子も父親が先生だったので、そこにいました。

    1960年代末には、空き部屋でピンク映画を撮ったこともあるそうです。

    大分前になくなり駐車場になりました。
    民間企業でも社宅はなくなっていますので、教員住宅も減っているのは時代の趨勢というべきでしょう。

  2. さすらい日乗さん、池上の方からコメント頂き、感激です。
    今では、当時の様子を記憶されている方も少なくなっているかと思います。
    1960年代末というと、ピンク映画全盛の頃ですね。懐かしいです。

コメントを残す

コメントよろしくお願いします。