品川(三業地跡)当時の建物

今回は、品川(東京都品川区)の町並みを散歩します。
品川三業地は、昭和7年に、街道沿いから現在の東品川1丁目の一画に移転し、品川海岸三業株式会社を設立しました。*1

三業地の北側の交差点の角に建つ料亭「文の家」の遺構。*2

当時の雰囲気が残っています。

2階部分。

カテゴリ

花街·花街跡 品川

参考文献

*1 上村敏彦: *花街・色街・艶な街 色街編 (街と暮らし社,2008)
P.37-P.39 品川三業地の開設 明治中頃から、街道に面して妓楼が並ぶ品川は風紀上の問題もあり、移転先が…
*2 都市整図社: 火災保険特殊地図 品川三業地方面 (都市整図社,1953)
旧品川三丁目(現在の東品川1丁目)の旧三業地に、料亭、置屋の記載。 中央の通り。芸妓屋の清河、菊の…

この記事を参照している記事

コメントを残す

コメントよろしくお願いします。