高田馬場(女神の像)昭和37年の駅前再開発

今回は、高田馬場(東京都新宿区)の町並みを散歩します。

高田馬場の駅付近は、戦後急増したバラック建ての老朽家屋が密集していましたが、昭和37年、駅前再開発が始まり、駅前広場の中央に女神の像が設置されました。*1

完成当時は、周囲に噴流水が設けられたそうです。*1

再開発の経緯を記す碑が建てられています。

ジャンル・市区町村

hankagai
繁華街
高田馬場

この記事を参照している用語

高田馬場

参考文献

*1 丹羽正春: 東京 (通号 287) (東京商工会議所,1971.05)こうして高田馬場の商店街再開発に成功した(講演要旨)
P.37-P.38 高田馬場は終戦後の二十三年の三月に、戦災復興事業として、政府の指定を受けたのですが、まだ…

この記事を参照している記事

ディスカッションに参加

4件のコメント

  1. 高田馬場の「噴水」と言うと、夫はこちらの噴水。私は「質やスズヤの力士と金髪女」年齢差を感じます。で、お互いにこんな噴水知らない・・・汗

  2. 定マニアさん、
    高田馬場の歴史、ご教示ありがとうございます。
    金髪と力士、すごい組み合わせですね。
    質屋と歓楽街は何となく関連性があるのは理解できるのですが、力士との関係はよく解りませんが、男の力強さを表現しているのでしょうか。

  3. テレビでデーブスペクターがビッグボックスは、あそこが緩い女性のことだと言っていました。
    戸塚警察の反対側に葉隠という店がありますが、昔は二階に女性を置いていたと聞いたことがあります。

  4. さすらい日乗さん、高田馬場も昔は猥雑なところが多かったのですね。
    「ビックボックス」にそういう意味があるとは知りませんでした。

コメントを残す

コメントよろしくお願いします。