-全国 北海道 > 函館 1大門松風町 2大門仲通り 3セキセン 4月光仮面像 5蓬莱町 6あさり坂の料理屋 7函館山 8大黒湯 9地蔵寺の供養塔 10山ノ上町遊廓跡地 11新島襄海外渡航の地碑 12高橋掬太郎歌碑 13菊水小路 14なぎさ街 15津軽屋食堂

函館(新島襄海外渡航の地碑)売女に変装

元治元年(1864年)、新島襄は、函館から日本を脱出しました。

函館市大町の岸壁に「新島襄海外渡航の地碑」が建てられています。

「新島襄海外渡航の地碑」から約300m離れた場所に、新島襄のブロンズ像があります。

新島襄は、元治元年(1864年)、6月14日夜半に、用意されていた小舟で沖に碇泊していたアメリカ船を潜り込みました。小舟の中での様子をその手記に「あたかも、商船に忍び通う婦人の有様なり」と記していますが、おそらく沖の外国船へ通う売女は結構多かった思われ、黒い着物に手拭をかぶった彼は、売女のごとく変装して監視人の気をはぐらかしました。*1

【参考文献】
*1 須藤隆仙:箱館開港物語(北海道新聞社,2009)P.274-P.276

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です