全国 > 千葉県 > 木更津市 木更津2丁目

木更津(稲荷森古墳)明治14年の貸座敷新設の時に出土。

木更津市街東部の木更津2丁目。旧地名で、「元新地」と呼ばれていた地域の近くです。

周囲がコンクリートで固められたこの場所は、稲荷森古墳(前方後円墳)の前方部がわずかに残った部分です。明治14年に貸座敷を新設する時に鈴、鏡の破片、金銅装の刀、土器等が出土しました。*1

稲荷森古墳の上に高台稲荷神社が建っています。

古墳の頂上部分に建つ鳥居。

参考文献

*1 「房総の古墳を歩く」編集委員会 房総の古墳を歩く 芝山町教育委員会
稲荷森古墳

P.112
稲荷森古墳は 木更津駅東口の北東方向 木更津二丁目の稲荷森神社にあ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。