全国 > 茨城県 > つくば市 上横場

谷田部(海軍航空隊記念碑) 零戦や紫電を主力とした首都防空の実戦部隊。

谷田部の市街から約2Kmのところにある筑波学園病院。
筑波学園病院は、旧日本海軍航空隊谷田部飛行場の跡地に建てられており、筑波学園病院の前身である谷田部協同病院はその兵舎を病棟として設立、平成11年頃まで利用されていました。*1

北西側の駐車場の脇に記念碑が建っています。
高さ約メートルの記念碑の上部には、零戦のモニュメントが配置されています。*2

碑文

谷田部海軍航空隊は、昭和七年霞ヶ浦海軍航空隊(予科練)の補助飛行場としてこの地に開設され、練習機による飛行士養成を目的としていたが、昭和十四年独立し、零戦や紫電を主力として首都防空の実戦部隊となった。その後昭和十九年戦闘機操縦訓練隊となり沖縄方面の特攻作戦に従事した。戦後、跡地の一部建物(兵舎)を筑波学園病院の病棟として利用し、平成十一年に解体し現在に至っている。ここに恒久の世界平和を願いこの碑を建立するものである。

 平成二十五年三月吉日 

 財団法人筑波麓仁会

石造りでありながら、細部まで表現されています。

終戦の年の1945年には神風特攻隊「昭和隊」も編成され、沖縄方面の作戦で多くの若者が命を落としました。*2

記念碑は、「昭和隊」出撃時に隊員を見送ったとされる桜の木の下に設置されています。*2

参考文献

*1 筑波学園病院 谷田部海軍航空隊記念碑除幕式 リンク

谷田部海軍航空隊記念碑除幕式が2013年5月19日(日)筑波学園病院敷地内で行われ…

*2 茨城新聞 茨城新聞クロスアイ リンク
戦争の記憶後世に つくばの谷田部海軍航空隊跡地、関係者ら記念碑除幕 2013.5.20 リンク

旧日本海軍の飛行搭乗員を養成する練習航空隊が置かれ、特攻要員の訓練も行われ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。