全国 > 千葉県 > 茂原市 茂原(町)

茂原(ガス溜め跡)赤レンガ造りの基礎。昌平町稲荷神社の境内。

茂原では、明治時代、自家用の天然ガス井戸が数多く掘られ、「利用組合」という組織による天然ガス事業が営まれていました。昌平町稲荷神社の境内に、「茂原昌平町天然瓦斯組合」の痕跡が残されています。*1

境内に設置されたガス溜めの基礎(赤レンガ造り)の跡。40m³ほどの円形のタンクでした。*1

上から見ると、円形であることが解ります。

そばの石碑に、当時の「茂原昌平町天然瓦斯組合」の経緯、記録、組合員名が刻まれています。*1

参考文献

*1 茂原市長公室企画課 ふるさと茂原のあゆみ 茂原市
天然ガス利用組合

P.170
明治末期から昭和初期にかけて、茂原には「利用組合」という組織によ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。