全国 > 神奈川県 > 秦野市 入船町

秦野(軽便みち)馬車鉄道の運行が始まりでした。

イオン秦野店の入口の信号付近。

NTTの建物の脇に、「軽便(けいべん)みち」の石柱が建てられています。

軽便鉄道は、明治39年(1906)湘南馬車鉄道株式会社が秦野駅(現在の本町三丁目)から、吾妻村(現在の二宮町二宮)まで(9.6キロメートル)の馬車鉄道の運行が始まりでした。*1

イオン秦野店の入口近くに記念碑が建てられています。

馬車鉄道は、一頭の馬が小さな客車または貨車をひくもので、旅客は、秦野地方専売局の職員や大山への参拝者で、貨物は葉たばこ、たばこ製品、木材、製糸などで、秦野の産業発展に大きな役割を果たしました。(案内文より)

参考文献

*1 秦野市 秦野市 ホームページ リンク
軽便鉄道歴史の旅 リンク

軽便鉄道は、明治39年(1906)湘南馬車鉄道株式会社が秦野駅(現在の本町三丁目…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。