全国 > 神奈川県 > 伊勢原市 高森台1丁目

伊勢原(星図が刻まれた石碑)最乗寺の開祖了庵禅師の故郷の道了尊。星曼荼羅。

最乗寺※1 を開いた了庵禅師は糟谷庄(現在の伊勢原市)の出身で、伊勢原に高森道了尊があります。*1

高森道了尊境内に江戸時代の陰陽師の手による星図を描いた石碑が建っています。周縁を二十八宿が囲む図案は星曼荼羅(密教における宇宙観を示すもの)に類似します。*1

星図には「北極連珠」と表題があります。*1

銘に嘉永5年(1852)の記載があります。*1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。