全国 > 千葉県 > 茂原市 新小轡

茂原(2号掩体壕)入口は補強されていて、良好な保存状態。

太平洋戦争末期、陸海軍飛行場に建造された掩体壕のうち、1か所に多数の掩体壕が残存している例としては、茂原市の11基がを筆頭に木更津市の10基、大分県宇佐市の10基、高知県南国市の7基、北海道根室市6基などがあります。*1

茂原市の11基のうち、もっとも綺麗な状態で残っているものの1つが2号掩体壕です。

入口は補強されていて、良好な保存状態です。

横から見ると、徳利型であることが解ります。

内部の様子。

参考文献

*1 もばら風土記編集委員会 掩体壕が語る茂原の歴史 茂原市教育委員会教育部生涯学習課 写真でみるもばら風土記シリーズ 26 2007.3
茂原の掩体壕群の特徴

P.3

太平洋戦争末期、…

この記事を参照している記事

茂原(3号掩体壕)掩体上に密生している草、後方の木々。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。