-全国 秋田県 > 扇田 1300年以上の歴史を持つ朝市 2カフェーだった昭和軒 3この付近だけ道路の幅が広くなっています。 4料亭「菅岩」が寄進 5洋館の妓楼

扇田(洋館の妓楼)第二新開地。

現在の上扇田にできた2つ目の遊里「第二新開地」。第二新開地には、末廣家、いろはや、カフェー喜楽、山田屋、白川屋、大正亭、一二三亭、吉乃屋、清水亭、昭和館、アカツキ(喜楽跡)、カフェー暁、モダンカフェー朝日亭(山田屋跡)などがありました。*1

料理屋だったと思われる建物。

洋館の妓楼「昭和館」。*2

第二新開地の入口付近にあった料理屋。

参考文献

*1 千葉雄 扇田酒屋物語 比内町教育委員会 1986
扇田にあった料理屋、カフェー、茶屋
P.17-P.18 明治から、大正、昭和(33年頃)の間、扇田にあった料理屋、カフェー、茶屋は次の通りである。…
*2 小松和彦 秋田県の遊廓跡を歩く カストリ出版 P.120-P.155 2016
P.120-P.155 洋館の妓楼「昭和館」など、扇田の遊里についての取材レポート。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です