全国 > 千葉県 > 浦安市 猫実1丁目

浦安(郷土博物館)「青べか物語」にも登場する船宿や天ぷら屋を再現。

今回は、浦安(千葉県浦安市)の町並みを散歩します。
浦安市猫実1丁目にある郷土博物館の敷地内に、漁師町としてもっとも活気に満ちあふれていた昭和27年頃の「浦安のまち」が再現されています。*1

「船宿 江戸川」は、江戸川沿いの船宿をモデルに再現した建物です。*1

天ぷら屋「天鉄」は、堀江フラワー通りにあった天ぷら屋「天鉄」を再現したもので、作家山本周五郎が浦安をモデルに書いた小説「青べか物語」の中では、主人公がよく行く店として登場します。*1

「青べか物語」で登場する「べか船」が再現されています。

参考文献

*1 浦安市郷土資料館 野外展示場「浦安のまち」

漁師町としてもっとも活気に満ちあふれていた昭和27年頃の浦安を再現したのが、…

この記事を参照している記事

浦安(船宿)「青べか物語」に登場する船宿「千本」のモデル。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です