全国>千葉県>横芝光町>横芝>/

横芝(寿々喜)地元グルメの「滋養めし」。

横芝駅前にあるお食事処「寿々喜」。

ゆったりとしたテーブル席で落ち着けます。

ここでは、地元グルメの「滋養めし」をいただくことができます。
もつは、日持ちしないため、通常はボイルして出荷されますが、横芝町には食肉センターがあるので、生もつのまま店で煮込みむことがでるので、味が格段に違います。*1

「滋養めし」の名前の由来は、横浜でドイツ人からハム・ソーセージの製造技術を学んだ横芝町出身の大木市蔵氏が、大正12年の関東大震災において、被災した方々にふるまった、塩漬け肉と野菜を使った汁かけ丼「滋養飯」から名付けられました。*1

参考文献

*1
横芝光町ご当地グルメ実行委員会もつを使って町おこし横芝光町ご当地グルメ実行委員会 リンク

横芝光の「滋養めし」
豚もつとは、豚の内臓肉のこと。細…

参考記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です