佐世保(花園遊廓跡地)現在は公共施設と道路

日清・日露戦争により、海軍と佐世保市は大きくなり、明治42年頃になると、新たに名切遊廓(花園遊廓ともいった)ができました。*1

現在は、公共施設と道路になり、当時の面影はありません。

名切川の川の流れは現在も残っています。川と道路が交差するあたりには、松月楼、開明楼、本家高砂楼などがありました。*2*3

遊廓の中心部だったと思われる場所には、市民会館の近代的な建物が建っています。

佐世保 遊廓·遊里跡
■参考文献
*1山口日都志: 女性哀史 佐世保遊里考 (芸文堂,2017)

P.48 軍港設置と殆ど時を同じくしてできた木風遊廓は、小佐世保に移転してからいよいよ繫昌し、日露戦争頃には妓 …

■参考文献
*2平岡昭利: 地図でみる佐世保 (芸文堂,1997)

P.72 「花園町の図」に、松月楼、開明楼、本家高砂楼など楼名の記載。

■参考文献
*3佐世保市史編さん委員会: 佐世保事典 (佐世保市,2002)

花園遊廓 明治時代後期の佐世保には、遊廓といえば小佐世保(勝富)だけであった。一方、宮田町や太田町方面では、遊 …

コメントよろしくお願いします。