御油~赤坂(御油宿)旅人留女

今回は、御油(ごゆ、愛知県豊川市)の町並みを散歩します。
御油は、江戸時代、東海道五十三次の中でも「御油に赤坂吉田がなくば何のよしみで江戸通い」と俗謡にも謡われるほど、飯盛で街道筋に聞こえた遊興の宿場でした。*1
写真は、かつての御油宿の入口にあたる旧御油橋です。

江戸時代の御油宿の様子は、歌川広重の木版画「東海道五拾三次之内36御油《旅人留女》」に描かれています。

御油の宿では日暮れにもなると、「留女(とめおんな)」と呼ばれた女たちの旅籠への客引きがさかんでした。『東海道中膝栗毛』には「両がはより出くる留女、いずれもめんをかぶりたるごとくぬりたてるが・・」とあります。*2

明治に入ると交通手段の主役が鉄道に移り、それについれて旧御油宿は次第にさびれていきました。御油橋を渡る旧東海道沿いは裏通りとして利用されています。*1

ジャンル・市区町村

街道·街路の町 御油

この記事を参照している用語

三次 御油

参考文献

*1 豊川・宝飯いまむかし : 写真集: 豊川・宝飯いまむかし : 写真集 (豊川・宝飯いまむかし : 写真集,1989)
P.52-P.53 御油は、東海道五十三次の中でも「御油に赤坂吉田がなくば何のよしみで江戸通い」と俗謡にも謡…
*2 東海道五拾三次之内 36 御油《旅人留女》: *文化遺産オンライン (東海道五拾三次之内 36 御油《旅人留女》,) リンク
御油の宿では日暮れにもなると、「留女(とめおんな)」と呼ばれた女たちの旅籠への客引きがさかんで、画…

この記事を参照している記事

コメントを残す

コメントよろしくお願いします。