全国 > 千葉県 > 浦安市 猫実5丁目

浦安(「蒸気河岸」跡)かつての蒸気船の発着所。

浦安橋近くの旧江戸川沿い。釣船や屋形船の発着所になっています。

東西線の鉄橋の下を船が行き交います。

このあたりは。かつて蒸気船「通運丸」※1 の発着所があったところで、「蒸気河岸」と呼ばれていました(案内板より)。

明治27(1894)年に島尻の一軒家(浦安の最北端の先、現市川市)に汽船発着所ができ、通運丸が両国からこの島尻の発着所を経て行徳に寄港したため、東京方面や行徳に行くのに通運丸を利用するものが多くなりました。*1

大正8(1919)年、通運丸に代わって東京通船株式会社が経営する定期船が深川から就航するようになり、浦安の人はこの定期船を通船と呼びました。*1

写真左奥は妙見島のラブホテル。

参考文献

*1 浦安市 浦安市
定期船 リンク

浦安では、明治27(1894)年に島尻の一軒家(浦安の最北端の先、現市川市)に汽…

参考記事

※1 関宿(博物館の展示)江戸川、利根川の歴史と産業・暮らし。2022-05-02

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です