全国 > 神奈川県 > 南足柄市 大雄町

大雄山(二十一丁目星宿燈)水常楼伊藤常吉が建てた星宿燈。

仁王門から「天狗のこみち」を歩くこと数十分。道了尊バス停の手前で道路に合流します。

参二十一丁目の星宿燈。「参」は星座の名前です。

水常楼伊藤常吉が建てた星宿燈。伊藤常吉は、吉原を仕切った大物でした。吉原各所の石造物に名を残しています。*1※1

星宿燈は古く、苔の緑に覆われています。

参考文献

*1 澤村泰彦 星々のみちびき:大大雄山参道二十八宿灯 平塚市博物館 平塚市博物館平成二十三年度冬期特別展図録
星宿燈建立者の顔ぶれ

参廿一丁目の水常楼伊藤常吉は三業組合取締役等の公職に着いてはいなかったよう…

参考記事

※1 吉原(石燈籠)吉原神社。水常、松葉など有力者が寄進。2022-07-19

この記事を参照している記事

伊勢原(菅原社奥の石塀)新吉原関係者の名。
吉原(十七回忌追善碑)吉原弁財天。水常楼伊藤常吉が寄進。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。