北千住(毎日通り飲食店街)L字型の飲食街

宿場町通り(旧日光街道)をあるいていると右手に、「毎日通り飲食店」の看板が目に入ります。

居酒屋やスナックが連なる小路です。

近隣には高層ビルが建っていますが、奇跡的に昭和の姿を留めています。

小路はL字型になっていて、北側の道路に通じています。

カテゴリ

飲食街·横丁 千住

この記事を参照している用語

毎日通り飲食店街 北千住

北千住(老舗蕎麦店)なべ焼きうどん

北千住駅前から宿場町通り(旧日光街道)を北へ300mほど進んだあたり。

老舗蕎麦店があります。

店内には、メニューの張り紙がぎっしり。蕎麦屋なのに、なべ焼きうどんのメニューが目立っています(写真、左側)。

もつ鍋うどんと日本酒を注文。

カテゴリ

食文化 千住

この記事を参照している用語

北千住

北千住(牛乳配給所)木製の切り文字

北千住駅前の商店街に残る牛乳店の建物。

エンゼルマーク。

古い建物で見かける木製の切文字。


「配給」の右側が欠けていますが、おそらく「配給所」と書かれていたのだと思います。
「牛乳配給事業」は、大正末期から昭和初期にかけて東京市で実施され、牛乳を無償で配給することが特徴でした。*1

カテゴリ

牛乳箱 千住

この記事を参照している用語

北千住

参考文献

*1 野口穂高: 乳の学術連合 学術連合の研究データベース (乳の学術連合,2015)大正末期から昭和初期の東京市における「牛乳配給事業」の研究 -「身体虚弱児童」への対応を中心に リンク
概要 東京市による牛乳配給事業と児童保護事業に、以下の特徴があることが明らかになった。第一に、乳幼…

北千住(駅前の路地)立呑み屋の隣

北千住駅前の商店街。立呑み屋の有名店の隣に、飲食店の看板のある路地の入口があります。

道幅の狭い路地に、店舗が密集しています。

何度も出てくる曲がり角。

スナック。

カテゴリ

飲食街·横丁 千住旭町

この記事を参照している用語

北千住

小岩(屋上広告看板)駅からの遠望

JR線小岩駅からは、建物の屋上に設置された多数の看板を見ることができます。

歯抜けになった看板、。

ビルの窓は、駅から見える格好の広告スペースです。※1

駅から見える「アカスリ」と書かれた窓。

小岩(駅裏の商店街)3階建て

今回は、小岩(東京都江戸川区)の町並みを散歩します。
小岩駅南口の駅裏の商店街。飲食店の古い建物が連なっています。

JRの高架と商店街に囲まれ、小さな小島のような一画を形成しています。写真は商店街の北端(右側はJR総武線の高架)。

商店街の裏側(JR側)は、時代を感じさせる風景が残っています。

密集している建物の中には、3階建てものもあります。

北千住(三階建て家屋)1階に張り紙

北千住の駅前商店街※1 に、ひときわ目立つ三階建ての木造家屋。

1階には、多数の張り紙。

3階部分は見晴台のような高い場所にあります。

奇抜なデザインのバーの建物が隣接しています。

カテゴリ

商店街 千住

この記事を参照している用語

北千住

参考記事

北千住(商業ビルの通路)1階部分に数か所

北千住駅前の商業ビル※1 はいくつかの棟が連結された構造になっていますが、棟と棟の間の隙間の1階部分が駅側と商店街側を結ぶ通路になっています。

地元の方々の日常的な通路になっているようです。

通路は数か所あります。

ビルの入り口と隣り合わせの通路。黄色で統一されています。

カテゴリ

商店街 千住

この記事を参照している用語

北千住

参考記事

北千住(駅前の商業ビル)3階建て

今回は、北千住(東京都足立区)の町並みを散歩します。
北千住駅前に建つ商業ビル。

1階に飲食店や商店、2階と3階は住居部分です。

建物の裏側は商店街になっています。

上を見上げると3階建てであることがわかります。

高田馬場(料理屋跡地)この一画の一番奥まったところ

高田馬場駅前のJR山の手線と西部線に囲まれた飲食街(旧柳小路)※1。
1960年代の頃、この一画の一番奥まったところには、アングラ芝居のバラック小屋がありましたが、その後、浅草千束をおもわせる料亭とバーの街に変身しました。*1

地元の方の話によると、この場所には料理屋の「海の家」*2があって、女性の接客のある店だったそうです。
現在は、1階に「DVD鑑賞」店が入っています。

夜になると、看板に灯りが灯ります。

神田川からみた飲み屋街方面。川と線路に囲まれた一画であることが解ります。
1950年代に特飲街が計画されたこの一画*3※1 は、高田馬場の歴史が凝縮された場所と言えそうです。

カテゴリ

花街·花街跡 高田馬場

この記事を参照している用語

高田馬場

参考文献

*1 富田英三: 新東京百景 (スポーツニッポン新聞社出版局,1975)
P.100-P.101 《高田馬場》一級騒音地 騒音地なればこそ繁盛する、飲み屋に焼き鳥、ラブホテル 国電山…
P.15 現在の高田馬場2丁目19−8に料理「海の家」の記載。
*3 朝日新聞社: 朝日新聞 (朝日新聞社,1950.10.4)高田馬場に“湯の街”・地元や早大は大反対
国電高田馬場駅付近に、“湯の街”を作る計画が向島“ハトの街”の経営者らによって進められ、地元の向上や学…

参考記事

高田馬場(駅前の飲み屋街)“湯の街”計画跡地

高田馬場駅前。JR山手線(写真左)と西武線(写真右)と神田川に囲まれた一画に、小規模な飲み屋街が形成されています。
昭和30年頃の住宅地図*1 を見ると、この一画は、「のみや」「ぜんぶのみや」などと記されています。
昭和37年の駅前再開発※1 の後、数年間は「のみや」が残っていましたが、その後は、写真のような飲食店街兼高層マンションに建て替わり、立体化が進みました。

かつては、柳小路というしゃれた名前がつけられていたこの一画。1960年代までは、スラム街同様のドブ小路だったそうです。*2

話はさらに遡りますが、この一画に昭和25年(1950年)、特飲街を建設しようという話が持ち上がりました。*3
ちょうど大田区の池上の特飲街騒動*4※2と同じ時期に、高田馬場でも同様の騒動があったわけです。

夜の飲み屋街。

カテゴリ

赤線·私娼跡 高田馬場

この記事を参照している用語

高田馬場

参考文献

*1 都市整図社: 火災保険特殊地図-戦後1新宿区全図 高田馬場方面 (都市整図社,年代不詳)
ガード下に「のみや」の記述。
*2 富田英三: 新東京百景 (スポーツニッポン新聞社出版局,1975)
P.100-P.101 《高田馬場》一級騒音地 騒音地なればこそ繁盛する、飲み屋に焼き鳥、ラブホテル 国電山…
*3 朝日新聞社: 朝日新聞 (朝日新聞社,1950.10.4)高田馬場に“湯の街”・地元や早大は大反対
国電高田馬場駅付近に、“湯の街”を作る計画が向島“ハトの街”の経営者らによって進められ、地元の向上や学…
*4 時事通信社: 時事通信 (1510) 時事解説版 (時事通信社,1950.11)世論にゆらぐ歓楽街――池上の場合
P.2241-P.2242 「池上特飲街付近」に、特飲街の場所の記載。 住宅地域に割り込んできた新しい”湯の街”特…

参考記事

この記事を参照している記事

高田馬場(ホテル街)電柱看板

高田馬場の繁華街「さかえ通り」を100mほど進んだあたり。南側に細い路地があります。

卓球場の角に建つホテルの電柱看板。

この付近は、小規模なホテル街になっています。

逆方向から。

カテゴリ

ホテル 高田馬場

この記事を参照している用語

高田馬場

高田馬場(カード下)飲み屋の一群

高田馬場駅の西武新宿線のガード下は、戦後、バラック建の飲み屋の一群がありました。*1

現在もその名残の飲み屋街が続いています。

3階建ての建物。

戦後の住宅地図*2 によると、神田川近くまで建物が続いていました。

カテゴリ

飲食街·横丁 高田馬場

この記事を参照している用語

高田馬場

参考文献

*1 都市整図社: 火災保険特殊地図-戦後1新宿区全図 高田馬場方面 (都市整図社,年代不詳)
ガード下に「のみや」の記述。

高田馬場(女神の像)昭和37年の駅前再開発

今回は、高田馬場(東京都新宿区)の町並みを散歩します。

高田馬場の駅付近は、戦後急増したバラック建ての老朽家屋が密集していましたが、昭和37年、駅前再開発が始まり、駅前広場の中央に女神の像が設置されました。*1

完成当時は、周囲に噴流水が設けられたそうです。*1

再開発の経緯を記す碑が建てられています。

カテゴリ

繁華街 高田馬場

この記事を参照している用語

高田馬場

参考文献

*1 丹羽正春: 東京 (通号 287) (東京商工会議所,1971.05)こうして高田馬場の商店街再開発に成功した(講演要旨)
P.37-P.38 高田馬場は終戦後の二十三年の三月に、戦災復興事業として、政府の指定を受けたのですが、まだ…

この記事を参照している記事

鳩の街(赤線跡)青色の円柱

旧赤線街「鳩の街」*1 の北端あたり。

青の円柱の建物が残っています。

1階から2階へ突き抜ける円柱。

青一色で統一されています。

鳩の街(赤線跡)黄緑色の円柱

数年前までは、いくつか当時の建物*1 が残っていた通り。

多くの建物が消失する中、こちらの建物は当時のままで残っています。

黄緑色を基調とした窓の廻りの装飾。

現在も鮮やかなタイルの装飾。